トップページ > 細菌性膣炎検査 > 細菌性膣炎検査キットの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細菌性膣炎検査キットの選び方

性病検査と同時に受けるのがベスト!

細菌性膣炎は上記の通り早産や流産の原因にもなりますので注意が必要ですがこれは当然検査をしてみないと細菌性膣炎かどかはわかりません。また細菌性膣炎の症状として性器のかゆみや悪臭をともなうことが症状としてはあります。実はこれらの症状というのは他の性病と呼ばれる病気の症状と非常に似ているものがあるのです。細菌性膣炎かと思ったらクラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナスといった性感染症の可能性も多いにあります。また細菌性膣炎で炎症状態が起きてしまっていると他の性病に感染する確率も上がってくるということもあります。 重要なのは細菌性膣炎の検査は他の性病の検査も同時に受けることが望ましいということなんです。妊婦の方も妊娠14週までに検査で感染がわかれば治療を行い早産になることもほとんど無いと言われています。

・細菌性膣炎は性病の症状との区別が困難
・疑わしい場合は細菌性膣炎検査と性病検査を同時に受けるのが重要!

Copyright © 2018 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.