• このエントリーをはてなブックマークに追加

細菌性膣炎検査

細菌性膣炎って?

細菌性膣炎とは厳密に言うと性病とは異なっていて体内にいつ菌が過剰に繁殖して炎症が起こる病気になります。ですがセックスパートナーの数が多い、セックスの経験が多い人ほど細菌性膣炎になる傾向が強いことから性行為での菌の感染も影響しているとも考えられています。
細菌性膣炎の症状
・おりものが増加する
・悪臭をともなうおりもの
・性器のかゆみ
*半数の人は症状を感じていないと言われています。

妊娠している女性や妊娠したい女性は注意が必要!!

細菌性膣炎が起きていると流産や早産の危険性が格段に上がってしまいます。原因としては細菌性膣炎の炎症によって子宮口が柔らかく開いてしまうので流産や早産につながってしまうということです。ですがこの『細菌性膣炎』のやっかいなところが半数の方に自覚症状が無いということです。自覚症状が無いということでほっておいていざ妊娠してみたら流れてしまったということにもなりかねません。やはり出産を考えている方はもし万が一のことも考えて検査を受けることをおすすめします。細菌性膣炎の場合は何かやましいことが無くても感染、発症することがある病気です。誰でも起きてしまうことがあるという風にも考えられます。もちろん性行為による感染確率も高いようですので注意が必要ですね。

細菌性膣炎検査キットの選び方

性病検査と同時に受けるのがベスト!

細菌性膣炎は上記の通り早産や流産の原因にもなりますので注意が必要ですがこれは当然検査をしてみないと細菌性膣炎かどかはわかりません。また細菌性膣炎の症状として性器のかゆみや悪臭をともなうことが症状としてはあります。実はこれらの症状というのは他の性病と呼ばれる病気の症状と非常に似ているものがあるのです。細菌性膣炎かと思ったらクラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナスといった性感染症の可能性も多いにあります。また細菌性膣炎で炎症状態が起きてしまっていると他の性病に感染する確率も上がってくるということもあります。 重要なのは細菌性膣炎の検査は他の性病の検査も同時に受けることが望ましいということなんです。妊婦の方も妊娠14週までに検査で感染がわかれば治療を行い早産になることもほとんど無いと言われています。

・細菌性膣炎は性病の症状との区別が困難
・疑わしい場合は細菌性膣炎検査と性病検査を同時に受けるのが重要!

細菌性膣炎検査キットの詳細

STD研究所が販売する検査キット。STD研究所では国の認可を受けた登録衛生検査所での検査を行うので検査精度が病院と同等と評判。ホームページ内でも口コミや体験談の数も多い。また検体採取の際の説明書も丁寧でプライバシー対策も万全


価格 19.950円(全12種類の同時検査)
送料 メール便無料
検査キットが届くまで 最短翌日
検査項目(12種) 細菌性膣炎、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、トリコモナス、カンジダ、HPV(ヒトパピローマウィルス)、クラミジア、淋病、咽頭クラミジア、咽頭淋病
細菌性膣炎検査キットはSTDチェッカーだけ!

当サイトが把握している細菌性膣炎検査の自宅検査ができるキットは現在『STDチェッカー』だけです。STDチェッカーの検査キットでは細菌性膣炎を含む他の性病検査を全部で12種類の検査項目が同時に行うことができます。細菌性膣炎は症状等も性病症状と似ていますし他の性病検査との同時検査が望ましいのです。

性病の症状一覧


Copyright © 2016 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.