トップページ > 梅毒検査 > 梅毒の検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅毒の検査

梅毒に感染すると起こる症状とは?

第一期梅毒感染期(感染してから3週間程度まで)
・感染した部位にしこりができる。(痛みは無い)そしてしこりの中心部分が硬く盛り上がる。 ・痛みの伴うものではないが太もものつけ根のリンパ節部分が腫れる。 *これらの症状は自然に消えてしまう。 第二期梅毒感染期(感染してから3か月程度まで)
・赤茶色の皮膚から盛り上がったブツブツとしたシコリができる。
・体中と体の中心から手足や顔に向けた部分にピンク色の円形のあざができる。
・脱毛症状が起こる。
・倦怠感や疲労感が出る。 ・熱や間接痛等一見してカゼのような症状になる。
*これらの症状は自然に消えてしまう。
第三期梅毒感染期(感染してから3年から10年程度まで)
・皮膚の下に大きめのしこりができる
第四期梅毒感染期(感染してから10年以上)
・心臓や血管、神経、目などに重い障害が出て死にいたる。
・臓器にも腫瘍ができる。
・手足の感覚がなくなる。

第二期までは無症状が多いので注意が必要!!

梅毒は自然治癒はしない!!
梅毒は現在第三期までいくことは非常にまれのようですがたまに進行してしまう方がいるようです。それは第二期までの無症状状態が影響しているものと思われます。これは症状がほとんど感じられない方や症状が出ても自然にその症状が消えてしまう為に治癒したと勘違いしてしまうことが原因です。繰り返しますが梅毒は自然治癒しません!昔は不二の病として恐れられていた病気ですので油断は禁物なのです。現在では早期発見、早期治療で完治することが可能になっています。あなた自身はもちろんあなたが知らないで他の人に感染させてしまうことがないように疑わしい場合は検査をすすめます。

Copyright © 2016 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.