トップページ >  > 子宮頚がんの原因って性病なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮頚がんの原因って性病なの?

子宮頸がんの原因って性病って聞くけど本当なの?がんって性病から進行しちゃうものなの?教えて!



子宮頸がんの90%以上の原因がヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスの中でも高リスク型(悪性)HPVによるものです。
メカニズムとしては高リスク型HPVに感染し細胞の異形成を起こします。
だいたいは自然治癒してしまうものなのですがその内の一部の方が異形成→前ガン細胞となり時間の経過とともに『子宮頸がん』に進行することがわかってきました。
HPV自体は珍しい感染症では無く性経験のある女性の約70~80%ほどが一生で一度は感染しているというデータもありますのでほとんどの人が子宮頸がんのリスクを持っているということになります。このようなメカニズムからよく医療界では子宮頸がんは、
唯一の予防できるがん』だと言われています。
つまり既に子宮頸がんになっていなければHPV検査を定期的に行うことで異形成状態での発見、治療を行うことで子宮頸がんへのリスクをほとんど減らすことができるわけです。
若い女性に多い感染症ですから定期的なHPV検査をおすすめします。
悪性型HPV検査は自宅でもできます!

Copyright © 2016 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.