トップページ > hiv(エイズ)検査 > hiv(エイズ)の検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hiv(エイズ)の検査

エイズの症状とは?

感染初期
・発熱やのどの痛み、倦怠感や疲労感
・風邪やインフルエンザによく似た症状が出る
無症状期
・帯状疱疹と呼ばれる小さな水ぶくれが多く出る人もいる。
・全く症状の無い期間が5年から10年ほど続く。
エイズ発症期
・下痢や寝汗がすごい
・体重が急激に減少することがある。
・自己免疫機能が破壊され激しく低下する。
・通常の免疫機能を持った人にはならない感染症にかかったり悪性腫瘍ができる。

エイズ(hiv)は自覚症状が少ない

エイズ(hiv)は感染初期から中期までは他の性病に比べても特に自覚症状が少なく見落としがちです。急に身体の調子が悪くなって気が付いた!!又は他の目的で人間ドックや血液検査、結婚前のブライダルチェックで感染を知らされてしまった。なんてこともあるのです。今はhivは早期に発見、適切な治療を行えば場合にもよりますが寿命よりも発病を遅らせることができるようになっています。疑わしいと思ったら即検査を行ってください。当サイトでは即検査に対応したhivが最短で検査できるキットをおすすめしています。

Copyright © 2016 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.