• このエントリーをはてなブックマークに追加

hiv(エイズ)の検査

エイズの症状とは?

感染初期
・発熱やのどの痛み、倦怠感や疲労感
・風邪やインフルエンザによく似た症状が出る
無症状期
・帯状疱疹と呼ばれる小さな水ぶくれが多く出る人もいる。
・全く症状の無い期間が5年から10年ほど続く。
エイズ発症期
・下痢や寝汗がすごい
・体重が急激に減少することがある。
・自己免疫機能が破壊され激しく低下する。
・通常の免疫機能を持った人にはならない感染症にかかったり悪性腫瘍ができる。

エイズ(hiv)は自覚症状が少ない

エイズ(hiv)は感染初期から中期までは他の性病に比べても特に自覚症状が少なく見落としがちです。急に身体の調子が悪くなって気が付いた!!又は他の目的で人間ドックや血液検査、結婚前のブライダルチェックで感染を知らされてしまった。なんてこともあるのです。今はhivは早期に発見、適切な治療を行えば場合にもよりますが寿命よりも発病を遅らせることができるようになっています。疑わしいと思ったら即検査を行ってください。当サイトでは即検査に対応したhivが最短で検査できるキットをおすすめしています。

hiv(エイズ)検査キットの選び方

ウィンドウピリオドに注意!!

HIV(エイズ)に限らずですが性病には多かれ少なかれウィンドウピリオドというものが発生します。ウインドウピリオドとは実際に性病に感染していても検査結果に反映されない期間のことを言います。 エイズの検査方法には大きく分けて抗体検査と抗原検査があります。 エイズの場合ウィンドウピリオドは検査方法が抗体検査のみの場合だと最大で3ヶ月程度と見られています。 抗原検査は単体で行われることは無いのですが抗体、抗原同時検査だと感染が疑われる日から15日経てば検査結果に反映されることになっています。 保健所等では予算の関係上抗体検査しか行わないところもありエイズ検査は感染があやしい日から3ヶ月経ってから受けて下さいと言われるのはこの為です。

検査方法によってのウインドウピリオドの期間に気をつけよう!
あやしいかも?っと思った日から最短で結果を知る為にはHIV(エイズ)の場合は抗体、抗原同時検査がおすすめです。

HIV検査キットランキングBEST3

エイズ(hiv)の検査キットは検査方法によってウィンドウピリオドの期間が大幅に変わってきます。 疑わしい行為があった日から現在までの日にちを計算して検査方法を選ぶと良いでしょう。

自宅でできる性病検査キットで抗体抗原同時検査を行っているのは『kensa.biz』だけ!!感染が疑われた日から15日経てば検査が可能なので最短でエイズの検査を受けたい人におすすめ。

総合ランキング1位の人気性病検査キット。検査は国の認可を受けた登録衛星検査所で行う。精度の高いドライスポット法による抗体検査を採用しており病院と同等の信頼性。 病院と同等の

できるだけ安くすませたい方にGMEのローコストパッケージはおすすめです。ただし初めて使う方には予備セットが入っていなかったりとややマイナス。自宅でできる検査キットになれた方で安く済ませたい方はこちら
感染を疑う日から逆算して考えよう!

hiv感染が怪しいな~と思う日から15日以上3か月以内でなるべく早く検査結果を知りたい人は『kensa.biz』を!
3か月以上経っていれば『STDチェッカー』を選ぶことをおすすめします。STDチェッカーは他の性病検査を同時に受けれるセットの内容が充実しています。


性病の症状一覧


Copyright © 2016 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.