トップページ > C型肝炎検査 > C型肝炎の検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C型肝炎の検査

C型肝炎って?C型肝炎の症状っていったい?

C型肝炎とはHCVと呼ばれるC型肝炎ウィルスが対内に入り感染することによって起きる肝炎のことを言います。日本での感染者数は150万人~200万人とも言われているが肝臓の障害等の症状が出ないことも多いのでこのうち60万人は感染に気付いでいないと言われる。ウィルス性の肝炎の中では症状が最も軽いが慢性化の確率が7割と非常に高くまれに劇症肝炎になることもあるので注意が必要。確率は少ないが性行為での感染の可能性も多いにある。
C型肝炎の症状
・体や白目が黄色い
・倦怠感や疲労感
・食欲不振や吐き気が起こる
・濃い色の尿が出る
・微熱や下痢を起こす ・濃い色の尿がでる
*感染者の内で感染と症状に気付いていない人が3割ほどいると言われています。

肝臓がんの死亡者の内8割がC型肝炎感染者

C型肝炎は症状は軽いものの初期感染の内7割が慢性化すると言われています。慢性化してほっておくとC型肝炎→肝硬変→肝臓がんへと進行してしまうことがあります。その裏付けとして肝臓がんによる死亡者が国内で年間3万人を超えていますがその8割がC型肝炎に慢性感染しています。また肝臓がんにはならなくてもまれに劇症肝炎になることもあります。劇症肝炎になると肝臓のほとんどの細胞が死んでしまうため肝臓移植をしなければ助からないことも多いようです。ですので早期発見や早期治療、知らないで他の人にも感染者を増やさない為にも検査が必要です。C型肝炎の検査は自宅でも簡単にすることができます。

Copyright © 2016 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.