トップページ > B型肝炎検査 > B型肝炎の検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B型肝炎の検査

B型肝炎って?症状っていったい?

B型肝炎とはHBVと言われるB型肝炎ウィルスが体内に入り感染することによって起きる肝炎のことを言います。日本では130万人以上が感染していると言われる非常に感染力の高い病気です。以下はB型肝炎に感染した場合の主な症状です。
B型肝炎の症状
・体や白目が黄色い
・倦怠感や疲労感
・肝臓周辺に鈍い痛みが起こる
・不眠症になる
・食欲不振や吐き気が起こる
・微熱や下痢を起こす
・濃い色の尿がでる
*これらの症状が出るのは感染者の3分の1程度と言われており無症状の場合も多い。

B型肝炎は肝臓がんのリスクあり

B型肝炎は安静にしていれば2~3か月でたいていは治ってしまうようですがまれに6か月以上の慢性的な感染、いわゆる『慢性化』が続くとB型肝炎→肝硬変→肝臓がんへと進行してしまう恐ろしい病気です。ですので早期発見の為にも疑わしいと思ったら早めの検査、定期検査をおすすめします。B型肝炎の検査には自宅で簡単に検査できるキットもあるので肝炎単体での検査や他の性病検査と簡単に同時検査することもできます。

Copyright © 2018 性病検査キット徹底比較|症状や病名からあなたの悩み解決 All Rights Reserved.